桐山電機品質管理のイメージ

桐山電機品質管理のイメージ2

MOODY9001-14001

桐山電機の品質管理

品質基本方針

「品質優先で顧客の信頼を確保する」

お客様に当社の製品を安心して使って頂くと共に、品質第一を目指し1999年8月にISO9001(品質マネジメントシステム)の認証を取得し、更なる品質向上に努めて参りました。

桐山電機の環境管理

環境対策方針

CO2削減による地球温暖化対策を始め、環境問題に対して世界規模で取り組みがなされている現在、当社としても環境改善活動に目を向け2006年8月にISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得しました。

基本理念北アルプスのイメージ写真

基本方針

当社は、IT関連機器を基に多種多様な製品及び関連した中間組立品の製造を行っている。我々の事業・生産活動、製品及びサービスによって、資源・エネルギーの消費と各種廃棄物を排出し、環境に負荷を与えていることを踏まえ、次に掲げる環境保全活動を推進します。

  1. ISO14001に基づき構築した環境管理システムで体制、役割、環境目的・目標、運用管理、コミュニケーション等の見直しを行いつつ、継続的改善を実施します。
  2. 環境に関連する法令や規制及びその他要求事項を順守し、利害関係者の見解に配慮します。また、これらを順守するため、必要に応じて自主基準を定め、環境汚染予防に努めます。
  3. 当社の重点改善事項として次を取組みます。
    1)電力消費量の削減とエネルギー使用効率の向上
    2)排出する廃棄物の分別と減量化
    3)本来業務に関する環境負荷低減活動の推進

以上のことについて、当社全従業員に対する教育と必要により訓練を実施し、山紫水明な松本平野の地にふさわしい、地球を守り自然を愛する企業として行動します。

この環境方針は、当社全従業員及び当社のために働く全ての人に周知徹底すると共に、外部から要求があれば文書で開示します。

2010年7月1日
桐山電機株式会社
代表取締役社長桐山則夫